<< LogicX | main | 32Live >>

便利なコントロールサーフェス

またもLogicXですが画面が狭く感じる事と

Hypersonic2が使えない事以外は使いやすい....

 

文句言ってサーセンでした(笑

 

Logic9の時はオートメーションがいまいち使いにくくて

Mix作業時に全トラックオーディオで書き出して、

Protoolsに持って行って作業してた事もあるんですけど、

めんどくさいですもんね...

 

では本題ですが、

例えばリアルタイムでオートメーションの書き込みとか

フェーダーを操作するにしても

マウスで細かく思い通りに動かすのは難しい。

 

そういう時こんなDAWコントローラーあれば便利なんですが

DAWコントローラー.jpg

これを置くのもちょっと邪魔。

 

そこでマスターキーボードに使っているシンセの

つまみやスライダーを割り当てて使えないものかと

Logic9の時も試したのですが、

感想としてはラグがあって反応が悪くもっさりで使えなかった。

 

そして今回、LogicXでも一応試してみました。

コントロールサーフェス→ボリュームの割り当てを登録。

ファイル 2016-07-16 6 27 14.jpg

これ押すだけ!(笑

 

割り当てたい部分を一度クリックしてからこの画面を開くと

パラメータのところにボリュームと出ています。

 

そしてシンセのスライダーやつまみを動かすと

メッセージのところに表示されて自動で認識してくれる。

 

反応もめっちゃよくて設定も簡単になったのでこれは使える!

 

例えばオートメーション時のエフェクトのリアルタイム操作、

ディレイやカットオフ操作も

新機能SmartControlから操作するのもいいんですけど

WOW.jpg

これも真ん中のCUTOFFノブをクリックして

コントロールサーフェスから登録すれば

シンセのつまみぐりぐり回すだけで簡単に出来て

オートメーションの書き込みも楽チン!

こういう地味な部分で作業にストレスがあるかないかが

結構重要な事だと思うので同じお悩みの方は一度試してガッテン。

| 音楽 | 07:52 | comments(0) | - |
Comment









Profile
20110507_1964540.jpg
1st.Album『TIARA』
8/28よりiTunesStoreなど配信開始。
1st.TIARA
全13曲収録。特設ページはこちら
オルフェウス EP
12/29よりiTunesStoreなど配信開始。
オルフェウスEP.png
全8曲収録。特設ページはこちら

twitter

New entries
Categories
KARENT
配信されたアルバムなどアーティスト詳細
KARENT
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM